遺言書作成致します。

〜当事務所は遺言書の作成致します。〜

遺言書を作成するための必要な資料の準備代行、原案作成、公正証書遺言ならば、公証役場との交渉など行います。特に公正証書遺言の場合は、正確な資料が必要となります。これらを当事務所が代行して準備行います。

〜当事務所が行う作業〜

@遺言書を作成するためのヒアリングを行わせていただきます。

財産目録・遺産を受取る方々について詳細を伺います。

              ↓

A遺言書作成のための資料収集を代行取得します。

遺言書作成には(特に公正証書遺言の場合には)、遺産を残す方の戸籍謄本、遺産を受取る方の戸籍謄本、遺産の中身がご自宅などの場合は土地・建物謄本を収集しなければなりません。当事務所が取得代行行います。

              ↓

B遺言書の原案作成

ヒアリング、収集資料を元に遺言書の原案を作成します。

              ↓

C公証役場との交渉、確認作業

              ↓

D遺言書の公正証書遺言作成の立会い。

遺言書を正式な形で「公正証書」として公証役場にて証明します。その時に同時に立会います。

〜どのくらいの費用がかかるのか〜

行政書士報酬は、

自筆証書作成遺言の場合、63,000円〜です。

公正証書遺言作成の場合、105,000円〜です。

公正証書遺言の場合は次の表にあるような、財産の価額によって、公証役場へ支払う手数料が変わってきます。↓

 

行政書士報酬

 

公証役場への手数料

自筆証書遺言

63,000円

0円

公正証書遺言

105,000円

 

遺言の目的の価額

 

金額       
100万円以下のもの 5,000円
100万円を超え、200万円以下のもの 7,000円
200万円を超え、500万円以下のもの 11,000円

500万円を超え、1000万円以下のもの

17,000円
1000万円を超え、3000万円以下のもの

23,000円

5000万円を超え、1億円以下のもの 43,000円
1億円を超え、3億円以下のもの 43,000円に超過額5000万円ごとに13,000円を加算した額
3億円を超え10億円以下のもの 95,000円に超過額5000万円ごとに11,000円を加算した額
10億円を超えるもの 249,000円に超過額5000万円ごとに8,000円を加算した額

上記の目的の価額は公証役場にて固定資産税評価証明書、路線価を元に決定しています。

相続財産の合計額が1億円以下の場合、これに11,000円が加算されます。

例えば・・・財産を受け取る方(相続人)が3人で1人1000万円の相続財産の場合・・・

手数料23,000円×相続人3人+加算手数料11,000円=80,000円となります。