遺言書とは?〜遺言書があるメリット

相続・遺言(当事務所の相続と遺言サービス)に戻る

業務案内に戻る

遺言書を書いておくことで、遺産相続の時の争いごとを避けることが出来ます。遺言書を残していない時の遺産分割協議の負担は軽くなります。

自分の死後、残された家族が不仲である場合、介護してくれたお嫁さん(実子ではないので遺言書がないと遺産は相続できない。)に遺産を分けてあげたい場合、自分達に子供が無く、死後の遺産を分け与える家族がいない場合などに遺言書が活躍します。

〜遺言書の種類〜3パターンあります。

@公正証書遺言

遺言書を作成する時に、公証役場で公正証書として保存することで、自身の遺言書を公証人、証人といった第三者へ連絡、証明、保存が出来ます。 

メリットは・・・

遺言書が公証役場で保管されるので、誰かが発見して偽造してしまったり、変造してしまったり、また紛失のおそれがなくて安心です。

・死後の相続手続も専門家によってスムーズに出来る。

家庭裁判所の「検認」手続が不要となります。これも大きいメリットです。何故ならば、公正証書として残さない遺言書の場合(次にあります自筆証書遺言のことですが)死後、遺言書は家族で勝手に開封することが出来ません。遺言書を家庭裁判所へ持参し、「検認」という手続きが必要なのです。検認は相続人全員が集合して開封します。その時に遺言書の内容で相続人同士の紛争などもありえます。

デメリットは・・・

費用が自筆証書よりはかかってしまいます。→詳しい費用はこちらのページも参考になさってください。「遺言書作成致します。下段の公証役場手数料の表

A自筆証書遺言

自分で書いて残す遺言書です。

メリットは・・・

・公正証書遺言よりは費用がかからない。

・何度でも書き直すこと出来る。 (公正証書遺言も書き直しは可能ですが・・・費用が何度もかさむので現実的ではありません。)

デメリットは・・・

遺言書が発見されてもらえなかったり、失くされてしまう可能性あり。大きい危険です。

・第三者に遺言書を偽造される危険もあり。

・遺言書を開封するためには家庭裁判所の「検認」が必要。先程の公正証書遺言とは反対のデメリット要素でして、検認とは、遺言書を開封するために、家庭裁判所へ相続人が全員行き(遺言書に記載されていない人も)、開封します。開封した結果、財産を得られない相続人は、当然怒りますので、紛争となる場合が多いです。

 

 

相続・遺言(当事務所の相続と遺言サービス)に戻る

業務案内に戻る