酒類販売免許申請トップページ

お酒を販売するには免許が必要です。

例えば最近は、インターネットで輸入ワイン・地ビール・各地の焼酎などを販売することも多くなっています。

ただし、お酒を販売するためには税務署からの免許が必要です。 免許はコンビニ、酒屋さんだけが取らなければならないものではありません。

インターネットのみでお酒を通信販売する人も免許が必要です。

                 ↓

以下は酒類の免許についてお話してゆきます。


@ まず酒類販売申請には税務署から提示される様々な条件をクリアしなければなりません。必要条件とは何なの→酒類販売業をはじめる条件

A また、申請が最も多いと思われる、コンビニ、街中のお酒を販売する免許申請についてはこちらをクリックお願いいたします→一般酒類小売業免許申請について

B また、通信販売(インターネット・カタログ雑誌など)にてお酒を販売されたいと思われる方はこちらをクリックお願いいたします。通信販売業免許について

 

業務案内に戻る