株式会社設立

株式会社設立を総額273,500円にて設立いたします。(行政書士報酬込み。)

※現物出資の場合は若干価格に違いあります。
※東京都23区以外の場合、交通費を加算する場合あります。


〜〜以下は株式会社設立のご説明です。〜〜

@株式会社とは?

株式会社とは、株式というものを発行して売り、株式会社を作るための資金(資本金といいます。)を集めます。その株式を買った人を株主といいます。このような形で作られた組織を株式会社とよびます。

A設立する手順

まず、設立するには色々なことを決めてからとりかかります。
関係者同志できちんと相談しあうことが大事です。

・会社名(正式には「商号」といいます。)を決めます。
・会社の所在地を決めます。
・営業年度を決めます。(1年間です。)
・「事業目的」を決めます。(どのような事業を行うか決めます。)
・出資する者(株主になる者)を決めます。
・会社の役員を決めます。
・会社を作ってから付き合う金融機関を決めます。


主に以上のような事を決めます。また、会社を作ったけれど、お役所から営業許可を得ていないがために営業できない!という種類の会社もありますので、きちんと調べて設立することが大切です。
        ↓
その場合、行政書士は営業にともなう許可を行います。ぜひご相談下さい。              

また、設立の関係者で、出資者となる人は実印と印鑑証明書を準備します。代表取締役になる人も実印と印鑑証明書が必要です。
    
さて、設立の手続にとりかかれます。

1.目的の調査

以前の商法のように、類似商号の調査(商号が同一市区町村内に酷似した商号があるかないか調査すること)は、ほとんど必要なくなりましたが、会社の行う事業目的は、やはり疑問点はきちんと調べておく必要があります。

商法時代より緩やかになったとはいえ、大事な作業です。


2.定款の作成・認証


目的を無事クリア出来ましたら、「定款」(会社の憲法のようなもの)を作成します。そして定款を公証役場というところへ持って行き、公に認められる
定款です。と証明してもらいます。


3.出資金を金融機関へ預けにいきます。

普段から付き合いのあるところが良いでしょう。


4.会社の代表者の印鑑を作成します。


会社名と代表者(社長)の氏名がセットになった印鑑を作ります。会社としての印鑑です。


5.登記所へ届ける書類を作ります。

登記所へ提出する書類を作成します。そして、代表者の印鑑と実印・認印を押印します。


6.登記所へ書類を全て提出お手伝いします。


7.登記終わり(完了)


おおまかですが以上のような手順です。
ご相談お待ちしております。